2020年05月15日 更新2017年11月18日 公開

K-POP歌詞を使って、韓国語表現の意味を解説しています。
日常会話で使える韓国語や直訳では理解するのに難しい表現など、皆さんの韓国語勉強に役立つようなものを取り上げるよう心がけています。

今回は「날」についてです。

 
韓国語
意味나를(私を)が短くなった言葉、日
読み方[ナ]
発音

九家の書 OST ペク・ジヨン / 백지영「春雨 / 봄비 / ポムピ」の歌詞
チョッチョッカゲ ポッ ジョクシンダ
촉촉하게 흠뻑 적신다
しっとりと私をうんと濡らす
ソリドオシ ノギミョ ケウンダ
소리도 없이 녹이며 깨운다
音もなく溶かし私を起こす
サランウン チョウチョロ タシ テオナスイッケマンドゥンダ
사랑은 처음처럼 다시 태어날 수 있게 만든다
愛は初めてのように私を生まれ変われるようにする
ピガ ネリドン ク
봄비가 내리던 그
春雨が降っていたあの日
オンジェナ ニ ヒャンギロ カドゥケットン
언제나 네 향기로 가득했던
いつも君の香りでいっぱいだった日

백지영 [ペク・ジヨン]「春雨 / 봄비 [ボピ]」の歌詞で、二つとも「日」という意味かと思いますが、
もう一つ、以前、2PM「Comeback When You Hear This Song」の曲で解説した「나를 / 」の「私を」という意味もありますので、この歌詞では「日」と「私を」をかけてるのかもしれません。

「いつも君の香りでいっぱいだった日」でも
「いつも君の香りでいっぱいだった私を」でも、おかしくないなーと思ったためです。

シェアする

関連する記事