韓国語【겪다】[キョクッタ] 経験する、経る、付き合う、接する、もてなす、ご馳走する

韓国語の単語「겪다(キョクッタ)」を勉強しましょう。

韓国語「겪다」とは?
意味は「経験する、経る
付き合う、接する
もてなす、ご馳走する」などがあります。

ハングルの読み方は[キョクッタ]です。

「겪다」の基本情報

韓国語ハングル
겪다韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[キョッタ]
意味経験する、経る
付き合う、接する
もてなす、ご馳走する

「겪다」はどうやって使うのか?
各々の意味での表現例を見ていきましょう。

「겪다」の表現例

まず1個目、「経験する、経る」の「겪다」は「経験する」と言っても、多くは「(困難、試練を)経験する・経る」の意味で使われるそうです。

発音を確認する
어려움을 겪다[オリョウム キョッッタ]
困難を経験する
発音を確認する
고초를 겪다[コチョル キョッッタ]
辛酸をなめる

2個目に、「付き合う、接する」の「겪다」ですが、「関わる、知る」のニュアンスを持っていることがわかります。
そのため、「恋人同士になる」を言う時は使わないですね。もし終わりが美しくない付き合いだったなら「겪다」を使うこともあります。

発音を確認する
사람을 겪다[サラム キョッッタ]
人と付き合う、人と接する
発音を確認する
그를 겪어 보니 이제 알겠다[クル キョッコボニ イジェ アゲッタ]
その人と接してみたら今はわかる

最後、「もてなす、ご馳走する」の「겪다」は、「(客を)もてなす」また「(多くの人に)ご馳走する」のように使うそうで、겪는 사람으로서는 좀 피곤할 수도 있겠어요.(もてなす方ととしてはちょっと疲れるかもです。)
ということで、こちらも「喜んでもてなす」よりは、「仕方なく」のニュアンスが濃いかもしれません。

発音を確認する
손님을 겪다[ソンニム キョッッタ]
お客さんをもてなす

「겪다」を使った例文

発音を確認する
얼마 겪어 보지는 않았지만 혜영 씨는 나쁜 사람은 아닌 것 같아요.[オマ キョッコボジヌン アナッチマン ヘヨンッシヌン ナップンサラムン アニンゴッカタヨ]
そんなに付き合いは長くないけどヘヨンさんは悪い人ではないようです。
発音を確認する
몇 날 며칠을 귀한 손님 겪느라 고생했어요.[ミョンナ ミョチル クィハン ソンニ キョンヌラ コセンヘッソヨ]
何日も大切なお客さんをもてなすのに大変でした。
発音を確認する
산전 수전 다 겪은 사람[サンジョン スジョン タ キョックン サラ]
(諺)山岳戦も水戦もことごとく経験した人
⇒海千山千の人
発音を確認する
여태껏 겪은 이야기를 듣고 나니 이해가 가요.[ヨテッコッ キョックン イヤギル トゥッコナニ イヘガ カヨ]
今まで経験した話を聞いたら理解できます。
発音を確認する
시련을 겪었지만 결국엔 성공했으니 다행이에요.[シリョヌ キョッコッチマン キョグゲン ソンゴンヘッスニ タヘンイエヨ]
試練を経てだが結局は成功したのでよかったです。

겪다」の活用一覧

★手作業なのでたまにタイプミスがあるかも?!読み方のフリガナと意味の登録もしてたりしますが、活用時の意味は複数あって一言だけでは表現できないものも多いので、フリガナを含め、参考程度にしてくださいね〜(^-^)
音声は一つずつ録音してるので生きてるうちに全部アップは無理かもしれませんが、頑張ってます(笑)

겪다」の活用一覧トップへ

シェアする

おすすめ関連記事