~지 말아요

2017年11月23日 更新2017年10月13日 公開
意味~しないでください、~することをやめなさい
読み[~ジ マラヨ] [~ジ マアヨ]

“~지 말아요”と“~지 마요”

韓国の歌に「어리다고 놀리지 말아요」「잊지 말아요」と歌詞があるように、「~지 말아요」は韓国語で良く使われる・使える表現です。
でも正しくは~지 마요」みたいなんです。

○「말다」+「~아요」=「마요

だからって「~지 말아요」が間違いと書いてるところはまだ見つかっていません。
国立国語院の回答にも“마요が正しい。말아요は間違い”だなんて、一言もありませんでした(笑

なので、以下のように“間違いではないけど、正しくはない”と思っておくほうがいいかもしれません。
口述では気にしてない人だと誰もが使いますし、現に私も使っています。

△「말다」+「~아요」=「말아요

“やめなさい”と“やめてください”

「말아요」の原型は「말다」という単語です。「말다」+「아요(~です)」で出来上がってる言葉なので、実際「~してください」という意味はどこにも入ってなく「말아요」だけで見ると「~やめなさい」が一番近いニュアンスだと思います。でも単体では使いません。
完全な文では「하지 말아요」が「やめなさい」になります。

「하다」+「말다」+「~아요」

次は「잊지 말아요」で見てみましょう。
日本語で訳すと「忘れないでください」となってしまうのですし、一番近いニュアンスだとは思います。

「잊다」+「말다」+「~아요」

ただ個人的に「ください」なんてどこにも入ってない!!って思っちゃうんですね(笑
日本語でニュアンスを近づけるために「~아요(~です)」をとってみます。

「잊다」+「말다」=「잊지 말아」

正しくは「잊지 마」ですが、「잊지 말아」も使います。
日本語にすると「忘れないで」です。うん!日本語ともニュアンスがぴったりな感じがします(笑
ここに「~です」をつけたら「忘れないでです」と変な日本語になっちゃいますが、単純に考えて「잊지 말아요」に一番近いニュアンスな気がします(^-^)

~지 말아요」の使い方例