~의

2018年04月14日 更新2017年10月22日 公開
韓国語~의
意味〜の
読み方[~ゥィ] [~エ]
発音

普段、会話では省略されることが多い助詞ですが、「どこの」「何の」を強調したいときは省略しません。

例文

나의 옷[ナエ オッ]
내 옷[ネ オッ]
私の服
인권의 존중[インックォネ チョンジュン]
人権の尊重
만인의 연인[マニネ ヨニン]
万人の恋人
파리의 아침[パリエ アチ]
パリの朝

もしこれらを「의」無しで言われたとして思いつく意味は・・・「나 옷=私に服くれ」「인권 존중=人権尊重!(デモの時?)」「만인 연인=全ての人が恋人(遊び人?)」「파리 아침=ハエ朝?」と言った感じで、全然通じなくなっちゃいます。

付けていいものと、省略すべきものの違いがわからない・・・
「誰の」「どこの」「何の」がはっきりしてる時は省略OK!

え?んじゃなんで「나 옷」はダメなのか?!

人称代名詞「나」の場合、同じ一文字で「내」が「나의」の代わりに使われているため、「私の」と言う時は必ず「나의」か「내」のどちらかを使うんですね。だから「나 옷」で「私の服」としては意味が通じないんです。
「나」「저」「너」以外の「우리」「당신」「저희」は「~의」を省略して使います。

また、「彼」を意味する「그」の場合「그 옷」って言うと「その服」になってしまうので、会話ではよく「그의」ではなく「그이」と言うことが多いです。

韓国語ハングル 人称代名詞人称代名詞

どうしても良くわからないと言う場合は、省略せずに「의」をつけちゃったほうが無難かと思います(笑
使ってるうちに、省略すべきところがわかってくると思うので♪

 

「~의」が使われてる表現解説を見る

너의 곁에
[ノエ キョテ]君のそばに
동경의 시선
[トンギョンエ シソン]東京の視線、憧れの視線
서로의 일인 줄도 모르고
[ソロエ イリンジュド モルゴ]お互いのこととも知らずに、まるで自分のことみたいに
하루 종일 니 생각뿐이야
[ハル チョンイ ニ センガッ プニヤ]一日中君を想ってばかりだよ、一日中君のことばかり思ってる

~의」の使い方例

ページトップへ

シェアする

関連する記事