서로의 일인 줄도 모르고

2018年05月28日 更新2017年11月14日 公開
韓国語서로의 일인 줄도 모르고
意味お互いのこととも知らずに、まるで自分のことみたいに
読み方[ソロエ イリンジュド モルゴ]
発音

Super Junior「記憶を追って / 기억을 따라 / Memories」の歌詞
ケ アパヘッジャナ ソロエ イリンジュド モルゴ
함께 아파했잖아 서로의 일인 줄도 모르고

서로의 일인 줄도 모르고 を直訳すると、「お互いの事とも知らず/わからず」になりますが、和訳では「自分のことみたいに」にしています。
直訳と和訳を見てわかってもらえると思いますが、日本語らしい表現にしたほうがわかりやすいかなーと思って、あえて「自分のことみたいに」にしました。

自分のことではない相手のことだけど、自分ごとかのように一緒に喜んで悲しんでいた仲だったってことを歌詞をみてわかることが出来ます。

韓国語での表現でも他に 자기 일처럼 [ジャギイチョロ]=自分ごとのように/みたいに とも言えます。
ただ、キレイな?歌詞らしい言葉を選んで자기を使いたくなかったのかもしれません。
자기 [ジャギ]は「自分・自分自身、ある人」の意味のほかに「己(おのれ)」の意味もあります。なので、年上に向かって자기は使わないほうがいいです。私は何も考えずお母さんに자기 일처럼って言ってたら怒られたことがあります(汗)

자기
[チャギ]자기=自己、自分、自分以外のすでに話の中に出てきている人物のことを言うことも多い。
[イ]ハングル数字1、一(いち)、仕事、事、日
~처럼
[~チョロ]~のように、~みたいに、~と同じで

もう一つの使い方として、恋人同士・夫婦同士でお互いを자기야 [ジャギヤ] [チャギヤ]と呼ぶことも多いです。これは「자갸 [ジャギャ] [チャギャ]=自家」を長く発音したものだそうです。
代名詞として「자기 [ジャギ] [チャギ]=自己」を古めかしく、相手を尊重した言葉で、この時の意味は「あなた」です。

シェアする

関連する記事