마이 무따 아이가

2018年02月18日 更新2017年11月14日 公開
韓国語마이 무따 아이가
意味いっぱい食べたよ、たくさん食らったよ
読み方[マイ ムッタ アイガ ] [マイ ムーッタ アイガ ]

MFBTY「Hello Happy (Feat. ユ・ヒヨル)」の歌詞
マイ ムッタ アイガ ジョリ カジュゥレ
마이 무따 아이가 저리 가줄래

「もうおなかいっぱいだよ」と訳したこの台詞。
実は韓国の有名な映画「친구[チング]=友達」の中でチャン・ドンゴンが最期に言った台詞なんです。

映画 친구 [チング] 友達

많이 묵었다 아이가 그만 해라! 映画 친구 [チング] 友達

많이 묵었다 아이가 그만 해라! は「いっぱい食らったじゃないか もうやめろ」ってことを言っています。
それがなぜMFBTYの歌詞では 마이 무따 아이가 になってるのかというと、聞こえるまま書いてるからでしょうね。
この台詞って標準語ではなく、전라도 지방(全羅道)の方言で言ってるらしいです。方言と言ってもどれがどの地域かは私はちゃんと把握できていませんからなんともいえませんが、何を言ってるのかは大体わかります(笑

많이 묵었다 아이가 그만 해라!を標準語に直してみます。
많이 먹었잖아 이제 그만 해라!って感じかな?

묵었다 は「먹었다(食べた)」で、아이가 は「なーそうだろう?」的な言葉です。

食事を終えて「더 먹어라(もっと食べな)」と促すお母さんに対して「많이 먹었어(いっぱい食べたよ)」と断るときも使います。
ただ、今回の歌詞で使われてる意味としては、「悲しんで苦しんでー味わうだけ味わったさ」ってことだと思います。

まさか歌詞であの懐かしい映画の台詞が登場するとは思ってもいなかったのでびっくりだったし、最初文字で読んだ時は「ん?なんだ?打ち間違えかな?」とも思った歌詞でした(笑

シェアする

関連する記事