2020年05月21日 更新2018年08月02日 公開

韓国語の単語「게(ゲ)」を勉強しましょう。韓国語勉強をしてる方には必須とも言える是非覚えておきたい単語です。音声付きなので、聞いてネイティブ発音を練習してみてください♪

韓国語「게」とは?意味は
かに
거기=そこ、あそこ」、「것이=〜ものが」、助詞「에게」が短くなった言葉
そして道具を示す名詞を作る接尾など、たくさんあります( ̄ー ̄;

ハングルの読み方は[ゲ] [ケ]です。

韓国語勉強に役立つ「게」を活用した音声付き例文フレーズを用意してますので、韓国人っぽい表現を学んで行きましょう。

韓国語
意味かに
‘거기’が短くなった言葉
‘것이’が短くなった言葉
助詞‘에게’が短くなった言葉
道具を示す名詞を作る接尾
読み方[ゲ] [ケ]
発音

「蟹(かに)」としての「게」

가재는 게 편이라[カジェヌン ケ ピョニラ]
(諺)ザリガニはカニの味方をする
=人は自分と似たものや関係があるほうに味方するものだ。

 

「거기」の縮約形としての「게」

거기」は「そこ」「あそこ」を意味します。短くして「게」とも言いますが、現在では大体年配の方しか使ってるのを見ません。

거기
[コギ]そこ、あそこ
게 앉아봐[ケ アンジャボァ]
= 거기 앉아봐
そこに座ってみて

「것이」の縮約形としての「게」

「것이」は「〜のものが」「〜のが」を意味します。

+ ~이 = 것이 =

그게[クゲ]
= 그것이
それが
이게[イゲ]
= 이것이
これが
저게[チョゲ]
= 저것이
あれが
모든 게[モドゥン ゲ]
= 모든 것이
すべてが、すべてのものが

 

助詞「에게」の縮約形としての「게」

人称代名詞「=わたしに」「=君に」「=わたくしに」を、助詞「~에게」で使う時に「에게」を「게」と略すことが多いです。

~에게
[~エゲ]〜に
내게[ネゲ]
= 나에게
私に
네게[ネゲ]
= 너에게
君に
제게[チェゲ]
= 저에게
私に

道具を示す名詞を作る接尾としての「게」

最後は「~게」で終わる単語のもととなってる「게」についてです。

辞書で調べるとこう出ています。

일부 동사 어근 뒤에 붙어, ‘그 일을 하는 도구’의 뜻을 더하여 명사를 만드는 말.

NAVER辞書

意味は「一部動詞語幹の後について、‘該当する働きをする道具’の意味を付加して名詞を作る言葉」です。

집게[チケ]
(カニの)爪・はさみ
やっとこ、ニッパー、トング
지게[チゲ]
背負子しょいこ

例えば「집게」は「집다=つかむ・とる」を使った「집는 도구=つかむ・とる道具」です。

もう一個は、「지다=背負う」の道具で「지는 도구=背負う道具」で「지게」となるわけです。

こうやって作られた単語で、現代でもよく使うのは、焼肉屋とかでも見る「집게」くらいじゃないかと思います。

 

「게」が使われてるフレーズを見る

부탁드릴 게 하나 있어요.
[プタットゥリッケ ハナ イッソヨ]お願いしたいのが一つあります。

シェアする

関連する記事