그냥 대충 있는 반찬하고 먹자. このまま適当にあるおかずで食べよう。

韓国語フレーズで韓国語勉強しましょう。

今回は「このまま適当にあるおかずで食べよう。」というフレーズをご紹介します。

フレーズを音声で聞いてネイティブ発音を練習してみてください♪

フレーズ基本情報

韓国語ハングル
그냥 대충 있는 반찬하고 먹자.韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[クニャン テチュン インヌン パンチャナゴ モッチャ]
意味このまま適当にあるおかずで食べよう。

그냥」を一言で表現するなら?
フレーズによって単語の意味合いが変わるため、一概に‘コレ!’と置き換えられる日本語は見つかりません。

韓国語単語・ハングル 그냥 [クニャン] ただで、無料で、そのまま、ただ、なんとなく 意味・活用・読み方と音声発音
그냥[クニャン]ただで、無料で、そのまま、ただ、なんとなく

今回のフレーズ「그냥 대충 있는 반찬하고 먹자.」では「このまま」と訳しています。
もう少し詳しく訳すなら「この状態に何かを付け加えることなくこのまま」ですかね。

 

대충」という単語も日常会話で良く使う単語です。
あいまいを表す言葉って便利ですからね(笑

韓国語単語勉強 대충 [デチュン] [テチュン] おおまかに、おおよそ、大体、大方 意味・活用・読み方と音声発音
대충[デチュン] [テチュン]おおまかに、おおよそ、大体、大方

辞書で調べてみたら出てきませんが、意味合いでは「適当」で良く使います。
下記フレーズを見るとなぜ「適当」として使うのかが少しわかってもらえるはず☆

発音を確認する
대충 알아서 해놔라.[テチュン アラソ ヘノァラ]
適当にうまくやっとけよ。

 

あとの「있는 반찬하고 먹자」は直訳すると「あるおかずと食べよう」で、意訳だと「存在する=(今)あるおかずで食べよう」になります。
日本語では「今あるもの食べよう」のように、助詞「〜で」を使うのが一般的かと思います。
韓国語でも「〜で」を使って「있는 반찬으로 먹자」も使えます。

韓国語・ハングル 助詞 ~로 / ~으로 ~に、~で(場所・目的など) 使い方と例一覧
~로 / ~으로[~ロ] / [~ウロ]~に、~で(場所・目的など)

使い方を分けると・・・
반찬하고」って言うと‘食事をすることがメイン’、
반찬으로」を使うと‘おかずが食事をすることの手段’
の意味になります。

この韓国語フレーズに使われてる単語はこちら

  • 그냥[クニャン]ただで、無料で、そのまま、ただ、なんとなく

    発音を確認
  • 대충[デチュン] [テチュン]おおまかに、おおよそ、大体、大方

    発音を確認
  • 있다[イッタ]ある、存在する、居る

    発音を確認
  • ~는[~ヌン]動詞の現在連体形:~してる〜、~している〜、~である〜

  • 반찬[バンチャン]おかず、お惣菜

    発音を確認
  • ~하고[~ハゴ]〜と、〜で

  • 먹다[モタ]食べる、飲む、食う、食らう、効く、持つ、年取る、取る、取られる

    発音を確認
  • ~자[~ジャ] [~チャ]~しよう

シェアする

おすすめ関連記事