대충 [デチュン] [テチュン] おおまかに、おおよそ、大体、大方

韓国語の単語「대충(デチュン テチュン)」を勉強しましょう。韓国語勉強をしてる方には必須とも言える是非覚えておきたい単語です。音声付きなので、聞いてネイティブ発音を練習してみてください♪

韓国語「대충」とは?
意味は「おおまかに、おおよそ、大体、大方」などがあります。

ハングルの読み方は[デチュン] [テチュン]です。

「대충」はどうやって使うのか?
韓国語勉強に役立つ「대충」を活用した音声付き例文フレーズを用意してますので、韓国人っぽい表現を学んで行きましょう。

「대충」の基本情報

韓国語ハングル
대충韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[デチュン] [テチュン]
意味おおまかに、おおよそ、大体、大方

「대충」を使った例文

発音を確認する
왜 사람 못 알아듣게 설명을 대충 하니?[オェ サランモダラドゥッケ ソミョンウ テチュンハニ]
なんで人が理解できないように説明を適当にするの?
発音を確認する
대충 어림잡으니 한 십만 엔 정도였어요.[テチュン オリジャブニ ハン シンマネンチョンドヨッソヨ]
大まかに見積もったら大体十万円程度でした。
発音を確認する
일이 대충 정리되면 한잔 재껴줘야지.[イリデチュンチョンリドェミョン ハンジャンジェッキョジュォヤジ]
仕事が大体片付いたら一杯やっちゃおうよ。

「대충」が使われてるフレーズを見る

韓国語勉強☆フレーズ音声 그냥 대충 있는 반찬하고 먹자. このまま適当にあるおかずで食べよう。
그냥 대충 있는 반찬하고 먹자.[クニャン テチュン インヌン パンチャナゴ モッチャ]このまま適当にあるおかずで食べよう。

シェアする

おすすめ関連記事