한 사람당 하루 숙박비가 어떻게 돼요?

2018年04月19日 公開
韓国語한 사람당 하루 숙박비가 어떻게 돼요?
意味一人当たり一日の宿泊費はいくらですか?
読み方[ハンサラダン ハル スゥッパッピガ オットッケ トェヨ]
発音

하나「一つ、1」 + 사람「人」 + 당「当」 = 한 사람당「一人当たり」

하나」は数量を表す場合に大体「」に変化して、後ろの単語との発音を円滑にします。

日本語の「当」を韓国語では「」と読みます。これで「一人当たり」という表現ができます。

「二人当たり=두 사람당」「三人当たり=세 사람당」と使えます♪

 

하루「一日」 + 숙박「宿泊」 + 「費」 = 하루 숙박비「一日の宿泊費」

하루」は「一日(いちにち)」です。

일일=一日」とも言えますが、「一日(ついたち)」の意味としても使うので、「하루」と言ったほうが通じやすいでしょう。

「宿泊費」は「숙박비」と読みます。

~가 / ~이
[~ガ] / [~イ]~が

これに「~가」をつけて「一日の宿泊費が」「一日の宿泊費は」という意味になります。

「〜は」と「〜が」の使い方については以前こちら↓で触れています。

화장실이 어디예요?
[ホァジャンシリ オディエヨ]トイレはどこですか?、化粧室はどこですか?

 

어떻다「どういうふうになっている」 + ~게「〜のように」 = 어떻게「どうやって」「どう」

어떻게」は普段の生活でかなり使う言葉です。
「どう」「どのように」「どうやって」などの意味で使われます。英語で言うと「HOW」ですね。

되다「なる」 + ~어요「~ます」 = 되어요 = 돼요「なります」

돼요」は「되어요」が短くなった言葉です。

되어요」は、少し昔言葉みたいに聞こえるのもありますし、「돼요」より一文字長いです(笑
だからか、あまり使われないんですよね。断然「돼요」のほうがたくさん使われています。

ここまでの解説だと「어떻게 돼요?」は「どうやってなります?」という不思議な言い回しになってしまいます。

以前「어떻게 되세요」について動画をつくったことがあります。下記記事でみれます。

성함이 어떻게 되세요?
[ソンハミ オットケ トェセヨ]お名前は何ですか?

어떻게 되세요」は相手の身の上のこと、相手自身のことを聞く時に「どのようになってらっしゃいます?」という意味で使いますが、
今度は「어떻게 돼요?」=「どのようになってます?」と少しフランクになりました。

これは、‘どのようになってるのか知りたい目的のものが人(相手)ではない’からです。「一日のお値段いくら?」と聞くのに、丁寧に聞きたいからと「一日のお値段おいくらになっていらっしゃいますか?」なんて言わないので、ここでは逆に「숙박비가 어떻게 되세요?」と聞いたらおかしい敬語になります。

 

旅行に行く時、突然どこかに泊まらないといけなくなった時など、直接ホテルに行って聞く時とかに使えるかなーなんて思ってフレーズをつくってみました♪

어떻게 되세요」と「어떻게 돼요」の使い分けも、少しでもわかって頂けるといいな〜と思っております♪

関連・おすすめのフレーズ♪

성함이 어떻게 되세요?
[ソンハミ オットケ トェセヨ]お名前は何ですか?

シェアする

関連する記事