韓国語の表現【얼굴 좀 피고서】[オルグル ジョム ピゴソ] 表情曇らせないで〜、明るい表情して〜

韓国語の表現「얼굴 좀 피고서(オルグル ジョム ピゴソ)」の使い方を勉強してみましょう。

日常会話で使える韓国語や直訳では理解するのに難しい表現、今回は「얼굴 좀 피고서」についてです。
和訳すると意味は「表情曇らせないで〜」「明るい表情して〜」などになります。
K-POP歌詞でも韓国語表現の意味を見てみましょう♪

韓国語表現「얼굴 좀 피고서」の基本情報

韓国語ハングル
얼굴 좀 피고서韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[オ ジョ ピゴソ]
意味表情曇らせないで〜、明るい表情して〜

4Minute「오늘 뭐해 / 今日何するの / Whatcha Doin’ Today」の歌詞
チャ ドェコヤ モドゥダ チャ ドェコヤ
잘 될 거야 모두 다 잘 될 거야
うまく行くよ 全部うまくいくよ
ジョ ピゴソ ファンハゲ ウッソブァ
얼굴 좀 피고서 환하게 웃어 봐
表情曇らせないで 明るく笑ってみて

「表情曇らせないで」と訳した「얼굴 좀 피고서」ですが、単語ごとの意味を並べてみます。
얼굴=顔
좀=ちょっと
피고서 ⇒ 피다=(花)が咲く、開く、(人の)血色が良くなる、

直訳だと「顔をちょっと良く開いて」になります。
「開く」ではありますが、イメージは「(くしゃくしゃに丸まった紙などを)平らに開く」みたいな感じですかね。
「しかめっ面でくしゃくしゃになった顔を、普通の顔に戻す」と言った感じで「얼굴 좀 피세요=顔をちょっと開いてください」と言います。

「얼굴=顔」を主語にしてるので、本当に「表情を明るくしてください」と言ってることもありますが、「気分戻してください」を含める場合が多いです。

発音を確認する
얼굴 좀 피세요.[オ ジョ ピセヨ]
明るい顔してください。

「얼굴 좀 피고서」の関連単語を見る

  • 얼굴[オ]

    発音を聞く
  • [ジョ] [チョ]‘조금’の短縮語、ちょっと、少し、お願いや同意を求める時に言葉を柔らかくするために付け加えて使う

    発音を聞く
  • 피다[ピダ]咲く、開く、血色がよくなる

    発音を聞く
  • ~고서[~ゴソ] [~コソ]〜してから、〜しては

※公開済みの単語のみ載せています。その他の単語も順次掲載していきたいと思います。

シェアする

おすすめ関連記事