살색

2018年02月24日 更新2017年10月07日 公開
韓国語살색
意味肌の色
読み方[サ]
発音
色に関する単語まとめ色に関する単語まとめ

살색の「살」は「肌、皮膚」を表す言葉で、そこに「색」をつけて「肌色」のことです。

[サ]肉、身、中身、肌、皮膚、歳、才、年を数える単位、(光や水の流れ等の)勢い、弓、矢、殺

何も考えずに韓国や日本に住んでいて「肌色」と言うと、当然自分の‘肌の色’を思います。
そのため、次のようにいっぱい使っていました。

今まで使っていた「살색」の例

살색 스타킹[サセッ スタキン]
肌色のストッキング
살색 크레파스[サセッ クレパス]
肌色のクレパス
살색 메이크업 베이스[サセッ メイクオペイス]
肌色のメイクアップベース(化粧品)

しかし、外国人労働者達の味方であるキム牧師の娘(娘さんもまた牧師)が以下のように主張し、色の名前を変わったそうです。

“크레파스 색깔 가운데 특정색을 ‘살색’이라고 표현한 것은 인종차별”

元の記事

意味は「クレパスの色の中で、特定の色を‘肌色’と表現するのは人種差別」
確かに、ごもっともな意見だと思いました。というか、今になって気付きました。

自分の肌色を主としていたってことですからね。
他の国に行って「살색으로 된 저거!=肌色のあれ!」って言いたい時、英語力のない私はきっと「skin color!」って言いそうだけど・・・「誰の肌の色よ?!」って言われるに違いないと思いました。

韓国でもまだ馴染みがないかもですが살색」はもう「肌色」ではなく「肌の色」という意味に変わっていますのでご注意を※
では、「自分の肌色みたいな○○」と言いたい時は?「살구색으로 된 ○○」と言えば大丈夫です。

살구색[サグゥセッ]
杏色(黄色+ピンク)
色に関する単語まとめ色に関する単語まとめ

살색」の活用表

★手動作業なため、たまにタイプミスがあるかも?!読み方のフリガナと意味の登録も徐々に頑張っていきますので少々お待ちを。音声も準備出来次第アップして行きます!意味については、複数あったり一言だけでは表現できないものも多いため、参考程度にしてくださいね。(^-^)

ページトップへ

シェアする

関連する記事