韓国語【꼴】[ッコル] 事物の状態・形、なりふり、ありさま、恰好

韓国語の単語「꼴(ッコル)」を勉強しましょう。韓国語中級以上の方ならわかる単語かもしれません。日常会話や韓ドラで聞いたことがあるのではないでしょうか?音声付きなので、聞いてネイティブ発音を練習してみてください♪

韓国語「꼴」とは?
意味は「事物の状態・形、なりふり、ありさま、恰好」などがあります。

ハングルの読み方は[ッコル]です。

「꼴」はどうやって使うのか?
韓国語勉強に役立つ「꼴」を活用した音声付き例文フレーズを用意してますので、韓国人っぽい表現を学んで行きましょう。

「꼴」の基本情報

韓国語ハングル
韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[ッコ]
意味事物の状態・形、なりふり、ありさま、恰好

「꼴」が使われてる良く聞くフレーズ

発音を確認する
꼴도 보기 싫어.[ッコド ボギ シロ]
顔も見たくない
発音を確認する
꼴이 그게 뭐니?[ッコリ クゲ ムォニ]
なんてありさまなの
発音を確認する
별꼴이야.[ピョッコリヤ]
何なの、変なの~

上の「별꼴이야」といった感じで「꼴값이야」も使われます。ニュアンスは少々異なりますが、両方とも“理解不能な行動を見た時”に多く使います。

発音を確認する
꼴값[ッコッカ]
柄にもない振る舞い、滑稽なふるまい
発音を確認する
별꼴[ピョッコ]
ぶざまなかっこ、気にくわないふるまい

「꼴도 보기 싫어」の「꼴」は「あるものの姿」って意味になり“物”と“者”どちらにも使えます。うんざりしてるときに言うことが多いと思います。

「꼴이 그게 뭐니」の「꼴」は「ひどいカッコ」を意味しています。「なんてありさまなの」とも「カッコがひどいじゃない」ともなります。

「별꼴이야」の「별꼴」は、「꼴」が「ありさま」でその前に「=別」という言葉をつけ、「変なありさま」って表現をしています。ここでの「별」の意味としては「普通じゃない」「普通とは違う」などと考えて、=「変」ととらえていいと思います。なので、人に変なことされたり言われたりした時とかに「何なの?あの人」、変なカッコのものとかを見た時に「あれ、変じゃない?」という意味で「별꼴이야」と言えます。

」の活用一覧

★たまにタイプミスがあるかも?!読み方のフリガナと活用の意味の登録も徐々に頑張っていきますので少々お待ちを。音声も準備出来次第アップして行きます!意味については、複数あったり一言だけでは表現できないものも多いため、参考程度にしてくださいね。(^-^)

」の活用一覧トップへ

「꼴」が使われてる表現解説を見る

韓国語で表現 꼴 보기 싫다고 [ッコル ボギ シルタ] 顔見るのも嫌だってば、顔も見たくないの 歌詞で勉強
꼴 보기 싫다고[ッコ ボギ シタ]顔見るのも嫌だってば、顔も見たくないの

シェアする

おすすめ関連記事