이따가

2018年05月04日 更新2017年10月14日 公開
韓国語이따가
意味少し後で、後ほど
読み方[イタガ] [イッタガ]
発音

私は「있다가」と間違えていた単語です。
있다가」は「過ごしてから」「~に居てから」という意味があるので、イコール「少し後で」「少ししてから」という意味で「이따가」を「있다가」と書くもんだと思っていました(笑
文字で学ばないとこういう間違いを引き起こすのですね。気をつけましょう♪

‘이따가’는 ‘조금 지난 뒤에’의 뜻을 가진 부사이고, ‘있다가’는 ‘있-‘에 연결 어미 ‘-다가’가 붙어 만들어진 말입니다.

引用元:NAVER辞書

이따가‘は’조금 지난 뒤에‘「少し過ぎた後に」という意味を持った副詞で、’있다가‘は’있다‘「ある、いる」の’있-‘に連結語尾’-다가‘がくっ付いて出来た言葉です。

이따가있다가の違い

이따가[イッタガ]
少し後で
있다가[イッタガ]
다 + ~다가 = 있다가
過ごしてから、〜に居てから

이따가」が短くなった言葉で「이따」があります。「」が抜けても意味は同じなので、一緒に覚えちゃいましょう。

「이따가」が使われてるフレーズを見る

이따가 다시 올게요.
[イッタガ タシ オケヨ]あとでまた来ます。

シェアする

関連する記事