韓国語表現【팩폭을 날리다】[ペクポグル ナルリダ] ファクト暴力を投げる

韓国語の表現「팩폭을 날리다(ペクポグル ナルリダ)」の使い方を勉強してみましょう。

日常会話で使える韓国語や直訳では理解するのに難しい表現、今回は「팩폭을 날리다」についてです。
和訳すると意味は「ファクト暴力を投げる」になります。

「팩폭을 날리다」はどうやって使うのか?
韓国語勉強に役立つ「팩폭을 날리다」の使い方やニュアンスなど、表現に使われてる単語も一覧で載せてるのでお役立てください♪

韓国語表現「팩폭을 날리다」の基本情報

韓国語ハングル
팩폭을 날리다韓国語の発音を聞く
ハングルのフリガナ[ペポグリダ]
意味ファクト暴力を投げる

動画で見る

「팩폭을 날리다」は直訳で「ファクト暴力を飛ばす」という新造語です。新造語というには何年も前から耳にするのですが( ̄ー ̄;

「팩트 폭력」「fact(事実)」と「暴力」を合わせた言葉で、短く言って「팩폭」です。そして、「날리다」は「飛ばす」の意味です。

「ファクト暴力を飛ばす」とは「相手には(精神的)暴力となりえるファクト(事実)を言う」ことです。

似た表現で「뼈를 때리다」もあります。

発音を確認する
뼈를 때리다[ッピョル ッテリダ]
骨を叩く、骨を殴る

直訳では「骨を叩く」ですが、意味合いとしては「背けたい事実を相手に突きつける」です。

背けたい事実を相手に言われた場合、グサッと来る場合
想像ですが、グサッと刺されるのも痛いと思いますが、骨が叩かれるのも痛いですよね。私は骨折の経験はないですが、ハートがポキッと折れるような痛みがするほど、聞きたくない・知りたくない、そんな事実を突きつける行為をされた場合「뼈를 때리다」または短くして「뼈때리다」と言います。

「팩폭을 날리다」も「뼈를 때리다」も、実際に暴力を働くわけではなく、言葉として「(聞きたくない)事実をぶちまける」と言ったニュアンスで使います。

たまにドラマで見るシチュエーションですが、
①ある悪役が、悪談・いじわるを主人公に向けて言うとします。内容によりけりですが、その内容が「事実」であれば「팩폭을 날리다」「뼈를 때리다」とも言えるでしょう。
ただし、悪談としてのみではなく、②本当に仲の良い友人同士で、助言を込めた팩폭을 날릴 수도 있어요.(ファクト事実を言うこともあります。)

①であった場合、うまく「팩폭」を含めた言い返しができた際って気持ちいいですよね〜
この「気持ち良い!」っていうのを一言「사이다」で表現することが多いようです。

「사이다」とは、あの飲むサイダーのことですが、飲むとスーッとする炭酸飲料のすっきりさを表してるのだと思います。

発音を確認する
완전 사이다![ワンジョン サイダ]
完全サイダー!
⇒めっちゃすっきり!

「팩폭을 날리다」の関連単語を見る

  • 팩폭[ペ]事実暴力、fact暴力

    発音を聞く
  • ~를 / ~을[~ル] / [~ウ]~を

  • 날리다[ナリダ]飛ばす、揚げる、なくす、棒に振る、いい加減にする、投げやりにする、翻る、ひらめく、飛ばされる、名をあげる、鳴らす、名声を馳せる

    発音を聞く

※公開済みの単語のみ載せています。その他の単語も順次掲載していきたいと思います。

シェアする

おすすめ関連記事