2018年07月19日 更新2018年02月05日 公開
韓国語
意味人、〜人(漢数字について人数を数える時)
印、隣、寅、引、因、仁
読み方[イン]
発音

を表すは、もう一つ:사람と同じ意味です。

사람で代用できる‘~인’の例

일본인[イボニン]
日本人 = 일본 사람
한국인[ハングギン]
韓国人 = 한국 사람
중국인[チュングギン]
中国人 = 중국 사람
미국인[ミグギン]
アメリカ人 = 미국 사람
외국인[ウェグギン][オェグギン]
外国人 = 외국 사람
어느 나라 사람이에요?
[オヌ ナラ サラミエヨ]どこの国の人ですか?

と聞かれたら使えますね♪

日本でも一緒ですが、例えば「東京の人」のことを「東京人(とうきょうじん)」とは言わないですよね。韓国でも同じで「서울인(ソウル人)」とは言わないです(笑
言うならば、「동경 사람=東京の人」「서울 사람=ソウルの人」です。ちなみに、これらはあまり良い意味で使われないことも多いです。

では、「사람で代用できない‘~인’」を見てみましょう。

사람で代用できない‘~인’の例

사회인[サフェイン][サホェイン]
社会人
연예인[ヨニェイン][ヨネイン]
演芸人=芸能人

同じ「人」という漢字だからこそ、完璧に理解できてしまったと思います。というか、こんな例出さなくてもわかるわっ!って感じですね(笑

 

人を数える時の依存名詞としての使い方も簡単!

数字の読み方と発音数字の読み方と発音(漢数字と固有数詞)

漢数字「일, 이, 삼, 사, 오」の後につけて使うだけ♪
ただ、韓国では人を数える時には「~인」より「~명」を使うことが多いと思います。
漢数字しか当てられないからかもしれないですね。

よく使う数える時使う‘~인’の例

일 인분[イリンブン]
一人分=一人前
이 인석[イインソ][イインソッ]
二人席、二人掛け(ふたりがけ)

今は「~인분=〜人前」「~인석=〜人席」しか思い浮かばない・・・笑
また思い出したら追加することにします(^-^;

よく使う‘인’が入った例

인생[インセン]
人生
인간[インガン]
人間
인어[イノ]
人魚
인격[インッキョ][インッキョッ]
人格
인정[インジョン]
人情、情け、思いやり
인구[イングゥ]
人口
인기[インッキ]
人気
인사[インサ]
人事、挨拶
인삼[インサ]
人参(朝鮮人参)
인상[インサン]
印象
인감[インガ]
印鑑

」の使い方例

ページトップへ

シェアする

関連する記事