아무런と아무

2018年06月04日 更新2017年11月10日 公開
韓国語아무런と아무
読み方[アムロン] / [アム]

BoA「Realize (stay with me)」の歌詞
アムロン ヌキケッジ
아무런 느낌 없겠지
アム ヌキド オヌンゴッチョロ
아무 느낌도 없는 것처럼

아무런아무 って似ていますよね。当たり前ですが、使い方は異なります。

아무런は「아무런 맛도 없어=何の味もない」と言ったような否定文の前に使われます。
歌詞では「아무런 느낌 없겠지=(直訳)何の感覚もないだろう」ってことで、日本語の意味では「何も感じないだろう」ってことになります。

ただ、人に何かを求めたり、お願いしたりする際に「아무런 말이라도 해줘=どんな言葉でも言ってくれ」と言った感じで使えます。

아무は「아무도 없어?=誰もいないの?」とか「아무 옷이나 입고 나와=どんな服でも着て出てきて」などに使われます。英語で言う、anyone / anybody / any person ですね。

歌詞では否定文「아무 느낌도 없는 것처럼=何も感覚がないように/何の感覚もないように」で使われていますが、肯定、否定どちらでも使えます。
会話で良く使う例文としては以下の通りです。

例文

아무나 괜찮아
誰でも大丈夫
아무런 사람이나 괜찮아
どんな人でも大丈夫
아무거나 사와
何でも/どれでも買ってきて
아무런 거나 사와
どんなのでも買ってきて

関連・おすすめの表現解説♪

거기서 거기
[コギソ コギ]変わらない、大差ない

シェアする

関連する記事