~짜리

2018年05月05日 更新2017年10月14日 公開
韓国語~짜리
意味~ものの、~ぐらいのもの、~ぐらい、~どころの
~にしかなっていないもの
読み方[ッチャリ]
発音

物のあとにつけると「~ぐらいの価値を持った」という意味になり、ものの値段や量をあらわすときに使うんだそうです。
人の年の後につけて使うと蔑んで言うことになるかも。主に子供や若者に対し「열 살짜리 초등학생이 저만큼 하다니=10歳にしかなってない小学生があれだけできるなんて」みたいに使う場面があります。

例文

열 살짜리 초등학생이 저렇게 잘하다니 놀라워요.
[ヨチャリ チョドゥンハッセンイ チョロッケ ジャラダニ ノラウォヨ]
10歳ぐらいの小学生があんなに上手だなんて驚きです。
다섯 살짜리 애가 말을 어른스럽게 하네요.
[タソッサッチャリ エガ マル オルンスロッケ ハネヨ]
5歳にしかなってない子が大人っぽい話し方をしますね。

「~짜리」が使われてるフレーズを見る

백원짜리로 바꿔주세요.
[ペグォンッチャリロ パクォジュセヨ]百ウォン玉に換えてください。
천원짜리로 바꿔주세요.
[チョヌォンッチャリロ パクォジュセヨ]千ウォン札に換えてください。

~짜리」の使い方例

ページトップへ

シェアする

関連する記事