箔が付く(はくがつく)を勉強

2020年04月19日 更新2020年02月02日 公開

はく(はくがつく)

より高い値打ちや評価がつく、貫禄が増す、といった意味の表現。「箔を付ける」とも言う。

参照元

  1. 평가가 높아지다, 관록이 붙다
    評価が高くなる、貫禄がつく
  2. [속어] (깡패 등이) 전과가 많아서 동료들에게 떠받들리다
    [俗語] 前科が多くて同僚たちから崇められる
  3. 낡아빠진 것을 농으로 일컫는 말
    古くなったものを冗談で言う言葉

参照元

이번에는 箔が付く(하쿠가 츠쿠)를 공부했습니다.
今回は箔が付く(はくがつく)を勉強しました。

예전부터 아는 말이지만 한국말로 번역을 하자 하니 뭐라고 해야 할지 모르겠더라고요.
前から知ってる言葉ですが、韓国語に翻訳するとなったらなんて言えばいいのかわからなかったんです。
말로만 알지 한자도 몰랐고요 ㅎㅎ
言うことは出来ても「箔」という漢字もわからなかったですし。

일본에서 이 말이 쓰이는 예를 들어볼게요.
日本でこの言葉が使われる例をあげてみます。

大手企業というだけで箔が付く
[おおてきぎょうというだけではくがつく]
대기업이라는 것만으로 관록이 붙는다

벤처기업에서 아무리 일을 잘했다 해도 이력서에 쓰기에는 대기업 이름을 알아주는 세상…
ベンチャー企業でどんなに仕事ができてたとしても履歴書に書くには大手企業の名のほうが勝つ世の中…
아쉽게도 친구들 이야기를 들으면 일본에서도 이렇게 느끼는 사람이 많은 것 같네요.
残念ながら、友達の話を聞いてると日本でもこう感じてる人が多いみたいです。

シェアする